ジチタイワークス

愛媛県東温市

官民協働事業による「東温市子育てガイドブック」の作成

取組概要

 官民協働(PPP)方式を導入し、市内企業からの広告料のみで機能性、視認性に優れた子育て総合情報誌「東温市子育てガイドブック」を作成し、子育て世帯へ配付する。また、電子書籍化により利便性の向上を図る。

取組期間

令和元年度~(継続中)
※本記事は愛媛県主催の「行革甲子園2020」の応募事例から作成しており、本記事の内容はすべて「行革甲子園」応募時のもので、現在とは異なる場合があります。

背景・目的

 これまで出生、乳幼児・児童の転入世帯に対して、本市の子育て情報は各部署が作成した資料を渡していたが、大きさや文字、構成の違いから使い勝手が悪いというご意見があった。統一した様式で検索もし易い冊子の必要性を感じ、ゼロ予算で作成可能なPPP方式を導入し、作成することとなった。

取組の具体的内容

令和元年 9月 子育てガイドブック発行のため、本市においてPPP方式の導入を検討開始
令和元年11月 PPP相手方として、全国的に豊富な経験を持つ㈱サイネックスとの協議を開始
令和元年12月 子育てガイドブック共同発行に関する協定を締結
令和2年 1月 庁内の子育て情報を収集し、㈱サイネックスが作成を開始
令和2年 3月 市広報紙、ホームページに作成の周知と広告掲載費への協力依頼
        ㈱サイネックスが市内業者等へ広告募集活動開始
令和2年 6月 掲載記事等校正終了、庁内の広告審査終了
令和2年 8月 子育てガイドブック完成納品(部数4,000部)予定
令和2年 9月 市内保育所、幼稚園、小学校に通う児童に配付、出生・転入世帯、乳幼児子育て事業の参加者に配付、公共施設に設置予定
         電子書籍化し、市ホームページ、㈱サイネックスの地域情報サイトに掲載予定


特徴(独自性・新規性・工夫した点)

 子育てに関する悩み事等、相談窓口が分かりにくかったため、相談先を見やすく整理した。緊急時にも対応出来るよう市内医療機関全てを掲載した。また、発達に関して気になる点の対処法などを掲載し、幅広く活用できるものとした。

取組の効果・費用

 作成の財源は広告料となっており、市からの支出は無く大幅な費用の削減が図られた。
 民間との協働実施であるため、夫々の立場を生かし効率の良い作業を進めることが出来た。
 統一した情報誌とすることで、コンパクトで見やすく使い勝手が良くなった。更に電子書籍化することで常に最新情報を掲載することが可能となった。

取組を進めていく中での課題・問題点(苦労した点)

 市内企業からの広告料集めには苦労した。官民協働であるため、手分けして団体や組織への協力依頼は市から行い、個別の対応は㈱サイネックスから丁寧な説明を行った。

今後の予定・構想

 情報誌であるため、定期的に内容の見直しを行う必要があるので、子育て情報に限らず市民向け情報発信ツールの一つとして活用したい。

他団体へのアドバイス

 経費削減は大きな効果であるが、財源は市内の中小企業等からの広告料で負担を強いることに鑑み、広告の手法や付加価値を付けるなど地元企業にもメリットとなるよう心掛けることが大事である。

取組について記載したホームページ

令和2年9月に掲載予定

問い合わせ先

愛媛県 東温市 保育幼稚園課
089-964-4484

【行革甲子園】全国の自治体の創意工夫あふれる取り組みを紹介! 記事一覧

このページをシェアする
  1. TOP
  2. 官民協働事業による「東温市子育てガイドブック」の作成