ジチタイワークス

【連載】モチベーションアップ、現状打破への道しるべとなる1冊を探す

「もっと何かできないか…?」「仕事にやりがいはあるけど、思うように成果が出せない...」「このままでいいのか...?」仕事をしていると、誰しも一度は迷いを抱いたり、もしくは立ち止まったりすることはあるだろう。きっと首長も同じ。何度も迷ったり、立ち止まったことがあっただろう。

そんな時に出会った本を全国の首長に紹介いただいた。

【第1回】
サービス・マーケティングから学ぶ、市役所の価値提供とは?
町田市長 石阪 丈一さん


多様化するニーズの把握や対応が増えていく中で、いま自治体に求められるものとはなにか。自治体の仕事はサービス業であると石阪氏は考える。住民から何を求められているのか、まわりの職員にどう働きかけていくか、本質を理解して市役所の価値向上のヒントを見つけていただきたい。

記事を読む
 

【第2回】
自治体にとって、DXの意義とは?
中野区長 酒井 直人さん


自治体のデジタル活用、自治体DXの取り組みを推進する動きが全国で活発化している。自治体DXとはどのようなものか、推進していく上でどのように変化するのか、意味と意義をしっかり捉えることが重要である。そしてその先、自治体にに求められるものは何かを考えていきたい。

記事を読む
 

【第3回】
対人関係を改善していくための行動とは?
西尾市長 中村 健さん


誰しも仕事をする中で1度は対人関係に悩んだことはあるのではないだろうか。また仕事をする上でのつきものでもある。
しかし少し思考や行動を変えることにより前向きにもなれる。そして人は誰でも変われて幸せになれる。幸せになるために大切なことは何かを見つけていただきたい。

記事を読む
 

【第4回】
必要なことは幼少期に学んでいる、一歩踏み出すコツとは?
徳島市長 内藤 佐和子さん


目まぐるしく変化し続けるこの状況に心が折れそうになってしまうことも多いのではないだろうか。
そんな中でもまちづくりをするため、住民のニーズを聞き改善していくことが求められる。住民と現場との関係性、相互のバランスを保つために大切なものとは何かを考えていきたい。

記事を読む
 

【第5回】
自治体職員に求められるリーダーシップとは?
生駒市長 小紫 雅史さん


これからの時代、定年まで安泰だという職はなく、それはこの先公務員も例外ではなくなる可能性もある。
だからこそ自分の市長価値を上げて自立していく必要がある。そのために必要なものはなにか、いますべきことは何かを探っていきたい。

記事を読む

このページをシェアする
  1. TOP
  2. 【連載】モチベーションアップ、現状打破への道しるべとなる1冊を探す