ジチタイワークス

兵庫県姫路市

消費者と協力店舗とのマッチングで 食品ロスの削減を姫路から発信!

農林水産省および環境省の平成30年度推計によると、日本では年間600万トンの食品ロスが発生しているという。

※下記はジチタイワークスVol.14(2021年6月発行)から抜粋し、記事は取材時のものです。
[提供]兵庫県姫路市

姫路市では「姫路から日本の食品ロスを減らしたい!」との思いのもと、平成31年2月に「姫路市食品ロスもったいない運動推進店」の登録制度を創設。令和3年3月からは、全国の自治体初となる姫路市食品ロス削減マッチングサービス「Utteco Katteco byタベスケ」の運用を開始した。このサービスでは、市内の食品関連事業者(店舗)が、消費・賞味期限が迫る食品や規格外品などを、通常価格よりも安価で販売し、その情報をWEBサイト上で発信。消費者はその情報を見て、希望商品の注文予約をスマートフォンやパソコンからできるというもの。

店舗側は食品ロスを減らしながら店のPRもでき、消費者は必要なものを安く購入できる。同市としてサイト管理費はかかるものの、将来的な一般廃棄物の処理にかかる費用削減を見越している。「食品ロス削減量がグラム単位で目に見えることで、市民の社会貢献意識を向上させています。全てがWin-Winです」と担当者。今後、この仕組みを全国に広め、日本全体で食品ロスを削減するため、協力店舗の拡大や幅広い広報活動を進めていくという。

 

誌面で取り上げる独自(ユニーク)の事例を募集しています。
情報提供はこちらまで!

info@jichitai.works

お問い合わせ

姫路市 環境局 美化部 リサイクル課

メールで問い合わせる

記事タイトル
自治体名
部署・役職名
お名前
電話番号
メールアドレス
ご相談内容

プライバシー・ポリシーに同意のうえ、ご送信ください

Articles - Be Unique! 記事一覧

このページをシェアする
  1. TOP
  2. 消費者と協力店舗とのマッチングで 食品ロスの削減を姫路から発信!