ジチタイワークス

自治体でもニーズが高まってきているSMSを大特集!

新型コロナウイルス感染症対応で注目されているSMS(ショートメッセージサービス)は、どんな自治体業務で活用されているのだろうか。

重要なコトは住民へきっちり届ける。到達率の高い自治体向けSMS

住民に対する情報伝達の手段には、電話や郵便、メールなど様々な方法があります。
しかし、「知らない電話番号からの着信は怪しいから出ない」といった実情があり、既存のコンタクトツールでは課題が残ります。
そんな中、SMSはスマホや携帯電話の利用者99%以上に直接届く超強力なインフラ。
SMSが便利な理由や役立つ場面について、分かりやすく解説します。

記事はコチラから

 

SMSを活用して徴収率UPを実現!?元東京都主税局特別滞納整理担当部長が語る効果的な滞納整理手法とは?

2020年度、地方税の滞納額が5092億円を超え、各自治体は税金未納者への対応に苦心してました。原因の1つは、徴収業務に携わるマンパワーの不足。
そんな中、効率的な徴収手段としてSMSを使った滞納者への連絡方法が注目を集めています。
元東京都主税局特別滞納整理担当部長の藤井朗さんに、徴収業務の課題と今後の展望についてお話を伺いました。

記事はコチラから

 

コロナ対策として濃厚接触者に安心と便利を届ける、電話+SMSの効率的な健康観察。

新型コロナウイルス感染症の状況は刻一刻と変化しており、保健所業務のひっ迫に備え、今のうちから準備が必要です。
限られた人員体制の中、熊本県熊本市では、SMSの活用による対応強化を目指しました。
サービス提供企業の担当者にお話を伺いました。

記事はコチラから

このページをシェアする
  1. TOP
  2. 自治体でもニーズが高まってきているSMSを大特集!