ジチタイワークス

スポーツツーリズム×インバウンド 成功を左右するのは……?

今年6月、和歌山県・白良浜にてビーチアルティメットの国際大会が開かれた。自治体と連携して運営をサポートした南紀白浜エアポートの森重 良太さんと主催の日本フライングディスク協会の齋藤 勇太さんにインタビューした。

※下記はジチタイワークス観光・インバウンド号Vol.2(2019年9月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。
 [提供] Kotozna株式会社

観光地の永遠の課題!オフシーズンの扱い方

和歌山県白浜町にある白良浜(しららはま)は毎年「白浜花火フェスティバル」が開催されるなど、夏場は約100万人が訪れる人気の観光地だ。しかし、にぎわうのはシーズン中のみ。地域への誘客と地域の活性化を担う南紀白浜エアポートの森重良太さんは「オフシーズンも人を呼び込むにはどうしたら良いか」という課題に日々取り組んでいた。一方で、アメリカ発祥のスポーツ「ビーチアルティメット」の国際大会を主催する齋藤 勇太さんは「競技ができるビーチがあり、多くの選手を受け入れてくれる開催地」を探していた。

そのような背景のなか、6月に白良浜で開かれたのが、国内外から約700人が参加する「WFDF2019 アジア・オセアニアビーチアルティメット選手権大会」だ。

受け入れ側は器を大きく広げるべし

齋藤さんは「大会以外の分野で選手たちの満足度が向上するアイデア出しなどを森重さんたちが担当してくださったので助かりました。一緒に運営しているという姿勢が心強かった」と話す。実際、南紀白浜エアポートでは訪問客が大会以外でも楽しめるように、専用の観光プランを紹介するなど工夫。結果、「また来たい」と言う選手も多くいた。

「自治体は公平な立場で満遍なく魅力を発信しがちですが、顧客目線で組み合わせて提案をすることも大切。大会を機に地域自体も好きになってもらい、また足を運んでもらえたらと、様々な取り組みを行いました」(森重さん)。

「言葉の壁」をなくすための新たな一手となるツール

 スポーツツーリズムに限らず、観光地がインバウンドに取り組む際に立ちはだかるのが「言葉の壁」だ。「人との交流や地域の活性化もスポーツの重要な意義。だからこそいかに言葉の壁を乗りこえたらいいのか、ずっと考えていました」(齋藤さん)。「言葉が通じないことで地域の魅力を十分に伝え切れなかった機会ロスは、多かったと思います」(森重さん)。

両者は今回、そこを改善するために多言語同時翻訳チャットができる「Kotozna Card(コトツナ カード)」を会場で配布。スマホでカードを読み込めばテキストや音声で入力された文章を受け手の母国語に瞬時に自動翻訳し、母国語同士で会話ができるのだ。森重さんは「その場の会話を翻訳するだけでなく、帰国後も地域との繋がりが継続する点が良い。今後も活用したいですね」と語った。


日本フライングディスク協会の齋藤 勇太さん(左)南紀白浜エアポートの森重良太さん(右)

スマホで「言葉の壁」を取り払う!「Kotozna Chat」

Kotozna株式会社がリリースした「Kotozna Chat」は100カ国語以上をカバーする多言語同時翻訳チャットサービス。テキスト及び音声で入力された文章を、受け取り手の母国語に瞬時に翻訳してくれる。設定も数分で完了するなど手軽さが魅力だ。

本誌に同封されているカードを使って、さっそく挑戦してみよう。


普段と同じように文字を打つだけで済むので、会話がスムーズ。グループチャット機能もある。

四つのメリット

①日本語だけで対応が可能

スマホ上でのやりとりは自動的に同時翻訳されるため、利用者は自国の言語でメッセージを送ることができる。

②世界中で利用できる

ユーザーの使用言語を自動で検出するため、対面のみならず遠隔でのチャットも可能。旅アトの交流にもつながる。

③端末の購入不要

普段使っているスマホ上ですべて完結するため、翻訳機などの端末を購入する必要がなく、コストが抑えられる。

④アプリのダウンロード不要

WEB上で動くサービスのため、旅行者は新たなアプリのダウンロードは不要。旅行先でも気軽に、手軽に利用できる。

カードの使い方 ※本誌同封

①kzn.chat/start へアクセス!

URLを手入力するほか、本誌に同封されているカードの二次元バーコードをスキャンするだけで利用できる。NFC対応端末のスマホならカードにかざすだけと簡単だ。

②設定

Kotoznaの設定画面を開けたら、カードに印字されているIDと、カード右下に書かれた認証コード(アクティベーションコード)を登録するだけ。

③完了

最後に、ログイン方法を選択すれば設定完了! ここまで終えればすぐに利用できる。会話は、手入力はもちろん音声入力にも対応している。
※カードは通常価格1,500円[税抜]。Kotozna HP及びAmazonにて販売中。

モニターキャンペーン開催中!

本ページで掲載した「Kotozna Chat」の使用説明動画付きスタンドPOPを、外国人観光案内所へ1年間無償貸与(通常価格6万円[税抜])するモニターキャンペーンを実施。同封されているアンケートより申し込みがあった外国人観光案内所から抽選で30施設に無償で貸与する。

申込期限
2019年10月31日(木)まで

※スマートフォンおよびコンセントが必要

お問い合わせ

Kotozna株式会社

TEL:03-6434-0123
住所
【東京オフィス】 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-7-20 KIZUNA WEST 1F
【福岡オフィス】 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-12-12 赤坂産業ビルディング4F

メールで問い合わせる

記事タイトル
自治体名
部署・役職名
お名前
電話番号
メールアドレス
ご相談内容

プライバシー・ポリシーに同意のうえ、ご送信ください

このページをシェアする
  1. TOP