ジチタイワークス

東京都日野市

産後のお母さんへの配食サービスで孤立しない環境づくりと育児支援を。

コロナ禍により、出産時に実家などから支援が受けられず、孤立する子育て家庭が増えている。そこで、日野市では令和3年5月から、母親の負担を少しでも軽減するために“昼食宅配サービス”を開始した。

※下記はジチタイワークスVol.15(2021年8月発行)から抜粋し、記事は取材時のものです。
[提供]東京都日野市

母親の心身の休養や回復が目的となるが、「配達員には、家庭の様子に異変があった場合は、支援センターにつないでもらうよう“見守り”も依頼しています」と担当者。小さなSOSを早めに捉えることで、児童虐待の未然防止や早期発見などにもつなげたい考えだ。

運営面においては、高齢者への配食サービスにおいて豊富な実績を持つ、地元の社会福祉協議会と連携。同協議会のノウハウを活用しながら、利用者や配食事業者との調整を行っているという。また、期間終了時には、頑張っている母親へねぎらいの気持ちを込めたメッセージカードを送付。様々な子育て支援情報も記載し、長期的にサポートする体制を伝えている。

 

誌面で取り上げる独自(ユニーク)の事例を募集しています。
情報提供はこちらまで!

info@jichitai.works

お問い合わせ

日野市 子ども部 子ども家庭支援センター

メールで問い合わせる

記事タイトル
自治体名
部署・役職名
お名前
電話番号
メールアドレス
ご相談内容

プライバシー・ポリシーに同意のうえ、ご送信ください

Articles - Be Unique! 記事一覧

このページをシェアする
  1. TOP
  2. 産後のお母さんへの配食サービスで孤立しない環境づくりと育児支援を。