ジチタイワークス

北海道上川町

観光・ふるさと納税・移住定住シティプロモーションを実現

地域PRをする際には、語り手が誰かという点も重要だ。そのため、プロモーションに有名人を起用したいがハードルが高い。それを人口3,500人の町がWebメディアで行なっているという。北海道・上川町の小知井 和彦さんに話を聞いた。

※下記はジチタイワークスジチタイワークスVol.7(2019年9月発刊)、観光・インバウンド号(2019年12月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。
 [提供] 株式会社ブランジスタ

観光客の呼び戻しに向けて

上川町は、層雲峡温泉の宿泊客などで賑わう道内観光の名所だ。しかし近年は旅行者が減少傾向にある。原因は、団体旅行から個人旅行の時代になり集客が難しくなったこと、若年層における知名度が低いことなどだ。そこで同町は平成26(2014)年に新しい観光の目玉として、「大雪 森のガーデン」をオープンした。

この施設は「オトナの女性」をターゲットとして、森の中にカフェやショップ、高級レストランなどを配置。オープン翌年には一大イベントも企画し、地域の未来に向けて勝負に出た。

有名人がつくる町の新しいイメージ

同イベントのPRは、有名人を起用するWebメディアの『旅色』に委託した。「有名人による発信という他との差別化に加え、若い世代にWebで訴求できる点などが魅力で、集客アップと地域のブランド化に大きく貢献し、町のイメージづくりに役立っているという実感がありました。このような媒体は他に見当たりません」と語る小知井さん。この勢いに乗り、上川町では『旅色』でのプロモーションを4年連続で実施。強力なメディアを味方に付け、上川町が再び観光客で溢れる日も遠くなさそうだ。

●上川町

表紙:堀田 茜さん

●予算をどのように確保できたか?

H27:北海道ガーデンショー開催経費の中から捻出(原資は、町補助金、入場収入など)

H28:地方創生加速化交付金

H29:地方創生推進交付金

H30:地方創生推進交付金


組み合わせ可能なメニュー

①専用Web雑誌

有名女優やモデル、タレントなどを大胆に起用したWeb版自治体情報誌。自治体ホームページのトップに、有名人が載ったリンクバナーを設置することも可能!

②抜き刷り紙冊子

専用Web雑誌とリンクした、自身のまちの総合パンフレット「●●町(県市村など)×旅色」を発行。紙媒体ならではの良さを生かして実際に手に取ってもらい、シティプロモーションの幅を広げる。

③動画

雑誌モデル出演による、30秒(15秒)・60秒・180秒の動画を制作。旅博やふるさと納税、移住定住イベントでの放映など役所内各部署にてフル活用!


導入実績

県、市、町、村、また広域や観光協会でも掲載!観光部署、ふるさと納税部署、移住定住部署、シティプロモーション部署、インバウンド部署など、幅広く活用!

 

包括的なプロモーションをご提案

旅マエではWeb雑誌と動画で地域の魅力を美しく・わかりやすく伝え、旅ナカでは冊子を駅や観光案内所などに置くことで、現地でも便利に活用できます。内容は予算に合わせてアレンジいたします。日本全国8か所に担当がおりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

株式会社ブランジスタ

TEL:092-686-6140(福岡)
住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-4 ネクシィーズスクエアビル
Email:nobuyuki_tanaka@brangista.com

メールで問い合わせる

記事タイトル
自治体名
部署・役職名
お名前
電話番号
メールアドレス
ご相談内容

プライバシー・ポリシーに同意のうえ、ご送信ください

このページをシェアする
  1. TOP