ジチタイワークス

スマート水道メーターの活用で、水道管理者や検針員の業務を改善!

水道事業の現場は様々な課題を抱えている。この最重要といえるインフラの未来を守るにはどうすればいいのか、水道関連のサービスを展開する「大豊機工(以下、OTK社)」の川瀬さん、「ウォーターリンクス(以下、WL社)」の河瀬さんの話から解決への糸口を探る。

※下記はジチタイワークスVol.14(2021年6月発行)から抜粋し、記事は取材時のものです。
[提供]大豊機工株式会社

目前に迫る様々な課題を解決する第3の選択とは?

水道事業が抱える課題の中でも、地域を問わず共通しているのが検針現場の人材不足だ。特に都市部では深刻で、高層マンションなど居住環境の多様化で作業が複雑化していることも問題に拍車をかけている。また、地方に目を向けると、離島や山間部、豪雪地帯など検針が困難なエリア(難検針地域)への対応という問題がある。

将来的にこれらの課題を解決するものとしてネットワーク通信網を用いた無線検針型スマートメーターが注目されているが、これが全てを解決するわけではないと川瀬(OTK社)さんは指摘する。「既存の検針環境を一気にネットワーク通信網へ更新するというのは非現実的です。ハード、ソフト、業務フローの全てを同時に変える必要があり、相応のコストもかかるので財政面から見ても困難でしょう」。

とはいえ、現状維持では水道事業が立ち行かなくなる。そこで“第3の選択”としてOTK社が提供しているのが「ReMARS(以下、リマーズ)」だ。

デジタル+人の力によって水道事業に変革を起こす。

リマーズは、水道メーターに無線通信モジュールを搭載したモバイル検針システム。ネットワーク通信網型とは異なり、既存の水道環境下でも活用できる。検針員は徒歩や車で移動しながら、近隣のメーターから送られる検針データを端末で一括受信。モジュールが通信を行っている間に、従来型の検針を行うといった並行稼働も同一システム上で可能だ。密集地域や難検針地域の対策は、まず、これらの機能でクリアできそうだ。

また、現場で回収したデータは、その場や事業所でアップロードができ、WEBアプリ「temetra(テメトラ)」内で利用者情報と結びつけられるため、検針員が端末内の個人情報を持ち歩くリスクから解放される。メーターの位置や現場の写真などを登録することで、水道資産のデータを一元化することも可能。これは水道事業の課題の1つ、アセットマネジメント(資産管理)の面で役立ちそうだ。さらに、使用水量の推移データを蓄積することもできるため、異常発生時に、いつから起きた現象なのか、一時的なものか継続的な異常なのかといった点が確認可能だ。

現状の課題を解決しつつ、将来への準備も整えてくれるリマーズだが、「水道標準プラットフォーム(以下、水道標準PF)に準拠する『Water Links(以下、WL)』との併用で、さらに水道関連データを活用する可能性が広がります」と川瀬(OTK社)さんは語る。

クラウドアプリの活用で事業のDX化をさらに促進。

WLは、SaaS型の水道業務支援プラットフォーム。第1弾として料金計算アプリがリリースされており、リマーズとの連携によって検針データはWLに引き継がれ、水道料金が効率的に計算できるようになる。作業の迅速化に加え、人の手を介さずに業務が進められるため、省力化やミスの防止に貢献する点も強みだ。

河瀬(WL社)さんは「WLは水道標準PFに準拠するアプリであり、SaaS型で、かつ月額サービス利用料方式で提供しているため、導入・運用コストの大幅な削減が見込めます」と胸を張る。今後は施設管理台帳アプリや公営企業会計アプリ、需要予測アプリなども追加予定だという。

水道事業の業務改善は待ったなしの状況だ。これらの手段も選択肢に加えてみてはいかがだろうか。

左:大豊機工 公共システム部
川瀬 政樹(かわせ まさき)さん
右:ウォーターリンクス 営業部
河瀬 博信(かわせ ひろのぶ)さん

さらなる業務の効率化をWater Linksとの連携で実現。

リマーズと連携可能なWater Linksの特徴

水道事業に関する様々なデータを可視化・標準化する低コストの業務支援プラットフォームが、人材・財源不足の課題を解決に導く。

1.大幅なコスト削減を実現

SaaS型での提供なので導入コスト、月額利用料を従来のオンプレミス型より大幅に削減。

2.ベンダーロックインからの解放

水道標準PFに準拠するので、標準化されたデータを異なるアプリと自由に流通させることができ、様々なベンダー、アプリの選択肢が増える。

3.様々な業務データを可視化するレポート機能

システム内に格納されている業務データを表やグラフで表示、あるいはCSVファイルとして出力することが可能。

7月16日(金)オンラインセミナー開催!

テーマ:水道業務における“スマート水道メーター”の活用とDX化に向けて(仮題)

詳細はこちらよりご確認ください。

※応募多数の場合、先着順となる場合がございます

お問い合わせ

大豊機工株式会社 公共システム部

ReMARSについてはこちら
TEL:0796-23-1505
住所:〒668-0013 兵庫県豊岡市中陰470番地

株式会社ウォーターリンクス

Water Linksについてはこちら
TEL:0120-399-050(受付時間9:00~18:00)
E-mail:info@waterlinks.co.jp
TEL:079-281-7073(本社)
住所:〒670-0944 兵庫県姫路市阿保甲878

メールで問い合わせる

記事タイトル
自治体名
部署・役職名
お名前
電話番号
メールアドレス
ご相談内容

プライバシー・ポリシーに同意のうえ、ご送信ください

このページをシェアする
  1. TOP
  2. スマート水道メーターの活用で、水道管理者や検針員の業務を改善!