ジチタイワークス

東京都渋谷区

前例がなければ“つくる”! 歩道に設置したクリーンな喫煙所

令和2年4月1日、「健康増進法の一部を改正する法律」が全面施行された。社会全体で受動喫煙への意識が高まる中、渋谷
区は独自の工夫でまちの全体最適化を図ろうとしている。同区環境政策部の真木 洋一さんに話を聞いた。

※下記はジチタイワークスVol.9(2020年4月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。
 [提供] 株式会社ランドピア

規制が進む一方で渋谷駅で常態化していた煙害

渋谷区は、平成15年に歩行喫煙をなくすための「渋谷区分煙ルール」を制定。平成31年4月には「きれいなまち渋谷をみんなでつくる条例」を一部改正し、喫煙ルールや受動喫煙への配慮についての項目を追加、令和元年7月からは違反者に過料を科すなど、段階的に規則を強化し喫煙マナー向上に努めてきた。これにより路上喫煙の規制は進んだが、一方で喫煙所の環境整備が課題となった。

特に問題だったのは渋谷駅前のモヤイ像横だ。バス停が近いこともあり、煙と臭いに関する苦情が頻発していた。かといって喫煙所を無くすと路上喫煙が増えかねない。板挟みの中、渋谷区はある事例に注目した。千代田区が設置した喫煙トレーラーだ。

千代田区の喫煙トレーラーは、車両なので土地があればすぐ設置(駐車)できる。しかも喫煙室専用の脱臭機が煙を浄化するため、近くにいても煙や臭いは感じにくい。「クリーンな喫煙所が手軽に設置できる点に魅力を感じました。しかし、モヤイ像横への設置にはある問題が残っていました」。その問題とは、モヤイ像横の喫煙所が“歩道にある”ということだった。

車両がNGならコンテナを!設置に向けて乗り越えた壁

喫煙トレーラーは車両なので、歩道に常設すれば違法駐車になる。喫煙トレーラーが無理なら、車輪を取った喫煙コンテナは設置できないものかと検討。しかしながら、コンテナの道路設置にも建築許可というハードルがあった。建築基準法上、例外(派出所や電話ボックス)を除き、道路内への建築を許可しておらず、例外の一つとして“公益上の必要性があり建築審査会の同意を得たもの”であれば認めるとしている。

「まずは建築審査会に対し、区内の喫煙状況、国の方針、喫煙コンテナの清浄性などをまとめた書類を提出しました」。設計図書などの作成を含め、関係部署の協力を得ながら書類を提出し、令和元年10月の審査会にかけられた後、晴れて許可がおりた。

残るは設置に向けた作業だ。パーテーションの撤去、地盤改良、連結送水管の入水口付近の作業スペース調整などを経て、令和2年3月9日に開設された。喫煙者と非喫煙者の共存に向けて喫煙コンテナの開設後、担当者も付近を巡回したが、臭いなどは感じなかったという。周囲の施設からも「臭いがしなくなった」と好評だ。喫煙スペース自体は小規模になったが、喫煙コンテナに入りきれない人は、分煙対策指導員が近隣施設の喫煙所を案内し、喫煙者の分散化も図っている。

この喫煙コンテナは渋谷区での第1号で、令和2年3月に、2カ所の喫煙トレーラーが相次いで設置された。「今回の設置では東京都の補助金も利用しました。今後はコンテナ内に広告を設置し、広告料でランニングコストを賄うような方法も模索していきたい」と語る担当者。喫煙者の一方的な排除ではなく、共存を図り全体最適を目指そうとする渋谷区の努力は、徐々に実を結ぼうとしている。


「警察や建築審査会等にしっかり確認しながら話を進めました」と話す真木さん。

クリーンな喫煙コンテナが地域の受動喫煙防止に貢献!

喫煙所の建設には費用も時間もかかるが、建てずに“置く”という発想の転換と、煙も臭いも出さないという地域への配慮で、自治体の受動喫煙防止を応援するのが、ランドピアの喫煙コンテナだ。当社が設計から設置完了まで一気通貫で対応する。

喫煙コンテナのメリット

■ 配慮が必要な場所にも設置可能

改正健康増進法の基準をクリアした高性能プラズマ脱臭機を装備し、煙・臭いがほとんど外に漏れない。その清浄性ゆえに公園などの近くに設置することもでき、喫煙者も過度な気遣いをせずに済む。

■ 管理も一般的な喫煙施設と同程度

設備の保守管理で必要とされるのは、一般の喫煙施設と同様、日常的な灰皿清掃の他に、プラズマ脱臭機のメンテナンスと、定期的な全体クリーニング程度。特別な作業は発生しない。

東京都千代田区の場合

建築確認不要、迅速な設置が可能の「喫煙トレーラー」を導入

喫煙トレーラーは「車両」。建築物に必要な基礎工事や建築確認申請が不要で、手続きは車庫証明を取得しナンバープレートの交付を受けるだけ。場所を確保すれば車で現場にけん引し、1時間程度で設置が可能だ。車両とはいえ耐荷重12. 7トンで地震などの転倒防止対策も十分。もちろんプラズマ脱臭機も備え、コンテナ型と同等の性能を発揮する。

設置場所や状況に合わせた提案が可能!

まずはランドピアにご相談ください。

お問い合わせ

株式会社ランドピア

TEL:03-3661-5633
住所:〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-18-2 中野オイスタービル4F

メールで問い合わせる

記事タイトル
自治体名
部署・役職名
お名前
電話番号
メールアドレス
ご相談内容

プライバシー・ポリシーを確認し、同意しました。

このページをシェアする
  1. TOP
  2. 前例がなければ“つくる”! 歩道に設置したクリーンな喫煙所