ジチタイワークス

【1分で読めるマンガ Vol.8】公務員あるある用語/鏡(鑑)

大好評!【1分で読めるマンガ】シリーズの第8弾です。

ここでは、職員の皆さんの日々の生活の中から、“自治体あるある”や “困りごと”などにフォーカスし、元公務員の漫画家 中林 まどか先生による4コマで、公務員用語を解説します。ゆるっと読めるコーナーなので、お昼休みや通勤途中などに、ぜひご覧ください。みなさんの職場では、あるあるですか?

-ほかのcaseを読む-
case1はコチラ /○○してよろしいか伺います

case2はコチラ /朝・夕の一時間休
case3はコチラ /市長(特別職)レク
case4はコチラ /ポンチ絵
case5はコチラ /ベルサッサ
case6はコチラ /投げ込み
case7はコチラ /御用納め
case8 /鏡(鑑) ←今回はコチラ
case9はコチラ /小職

■ 次回の企画に向けて、これは自治体ならでは!という公務員用語の情報収集中です!

上記バナーをクリック or コチラからでもアンケートフォームを開けます。

公務員あるある用語 Case8:鏡(鑑)

◆編集室より
鏡は、「鑑文」「かがみ文」として、多くの方に馴染みのある用語でしょう。これまでに全8回展開してきた本コーナーも、今期は残り2回のご紹介になります。

【総集編】
1分で読めるマンガ 一度は耳にしたことがある!?
4コマで分かる公務員あるある用語

 

著者について

 

 

 


中林 まどか(なかばやし まどか)さん

 

つくばを拠点に活動するイラストレーター・漫画家。
筑波大学大学院人間総合科学研究科 芸術専攻 修了後、5年間つくば市職員として勤務し、事務のほか、市の広報・プロモーションにかかるさまざまなイラスト・マンガ・デザインなどを担当。独立後も、地域の魅力発信に関わりながら、自治体・教育分野を中心にイラストやマンガ制作を行っている。

中林さんの活動はコチラからご覧いただけます。


■ マンガ関連記事はコチラ

【マンガで分かる】そのクレーム対応、NGです!毎日の「困った」を撃退する公務員のライフハック!

【マンガで分かる】毎日の「困った」を撃退する公務員のライフハック!メンタルヘルス編~前編~

【窓口の雪内(せつない)さん:第4話】なれないゴメン

【窓口の雪内(せつない)さん:第3話】エレベーターから近い

このページをシェアする
  1. TOP
  2. 【1分で読めるマンガ Vol.8】公務員あるある用語/鏡(鑑)