ジチタイワークス

無関心層に行動変容を促すには? ~成果につなげる健康増進施策のヒント~

開催日:2024/07/12(金)

開催時間:13:30~16:40

参加費:無料

開催場所:オンライン開催(Zoom)

申込〆切:2024/07/12(金) 12:00まで

お申し込みはこちらから

全ての国民が健やかで心豊かに生活できる持続可能な社会の実現を目指し、2024年4月から健康日本21(第三次)がスタートしました。

誰一人取り残さない健康づくりのため、「健康に関心の薄い人を含め、本人が無理なく健康な行動をとれるような環境づくりを推進」することが、新しい視点として加えられています。

ジチタイワークスでは、「住民参加型の健康づくり施策のヒント」をテーマにしたオンラインセミナーを今年の2月に開催。皆様からいただいた声を受けて、今度は「無関心層の行動変容」をテーマとしたセミナーを開催することとしました。

心理学や自治体の事例を通じて、ヒントとアイデアをお届けするとともに、ヘルスケアに関連した企業のソリューションも併せてご紹介します。

※本セミナーは自治体職員さま限定となっております。あらかじめご了承ください。

プログラム

13:30~13:35 主催者あいさつ
13:35~14:15 心理学から学ぶ行動変容を“引き出す”コツ
14:15~14:45 企業講演①(調整中)
14:45~14:55 休憩
14:55~15:35 自治体現場で使えるナッジ理論!~健康分野の事例を紹介~
15:35~16:05 企業講演②(調整中)
16:05~16:35 企業講演③(調整中)
16:35~16:40 閉会のあいさつ

※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

 


講師・セミナーテーマ

心理学から学ぶ行動変容を“引き出す”コツ

大月 友 氏
早稲田大学 人間科学学術院 教授

経歴

早稲田大学人間科学学術院助教、専任講師、准教授を経て、2024年より教授。専門は臨床心理学。心理的支援や行動変容に関する研究を展開。公認心理師・臨床心理士として、医療、産業分野で実践も行う。


行動変容のためには、対象者の気持ちに合わせたアプローチが必要です。中でも心の準備がまだできていない、いわゆる無関心期の方々へのアプローチは、多くの支援者にとって課題となっています。なんとか説得しようとしても、全く相手の心に響かない…、「でも」と言い訳ばかりされる…、そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。

今回は、相手の行動変容を引き出すためのコツを、心理学の立場からご紹介します。

 

自治体現場で使えるナッジ理論!~健康分野の事例を紹介~

梅田 佳孝 氏
福井県 福井市 総務部 市長公室 総合政策課 主査

経歴

2010年入庁、大学院(マネジメント修士)への派遣などを経て2020年4月より現職。2023年4月、福井市役所内で若手職員有志チーム「福井市ナッジ・ユニット」を結成。ナッジの普及促進に取り組んでいる。


ナッジ理論とは「そっと後押しする」という意味で、行動科学の知見を活用して人々が自分や社会にとって望ましい行動をとれるように促すことです。このナッジ理論は2017年にノーベル経済学賞を受賞して以来、大きな注目を集めています。本セミナーでは、健康分野を中心に、福井市にて取り組んだナッジの最新事例をご紹介します。

 

 

※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

 

協賛企業及び関係会社

調整中

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

お申し込み

お申し込みはこちらから

株式会社ジチタイワークス
担当:伊原 洋輔
TEL:092-716-1480
E-mail:seminar@jichitai.works

主催/株式会社ジチタイワークス 福岡県福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル7F

このページをシェアする
  1. TOP
  2. 無関心層に行動変容を促すには? ~成果につなげる健康増進施策のヒント~
お申し込みはこちらから