ジチタイワークス

【参加者募集!】最新のデータ消去 ガイドライン対応と再生パソコンで実現する地域社会への貢献

2019年12月に発生したHDDデータ漏洩事件から、総務省は地方公共団体の情報セキュリティポリシーに関するガイドラインの改訂をおこないました。機密性に応じたデータ消去と確実な履行が義務付けられており、IT機器が施設外へ出る前に、適切なデータ消去を実施することが必要です。

最新のガイドラインに基づいたオンサイトでのデータ消去や特別な粉砕機を使用してSSDやフラッシュメモリ等を2㎜相当まで粉砕する設備をご紹介します。また、ビックカメラグループのソフマップは最新のデータ消去技術で完全消去を施し、リユース・リサイクルをおこなうことで、一度使われたパソコンの中身を入れ替え再生し、安価で状態の良い中古パソコンとして再利用させます。再生出来ないパソコンはマテリアル資源としてリサイクルし、再生したパソコンは教育支援や社会貢献に取り組む施設に提供することで地方自治体と連携しながら地域社会へ貢献していきます。


概要

テーマ:最新のデータ消去ガイドライン対応と再生パソコンで実現する地域社会への貢献
開催日時:6月10日(木)14:00~15:00
会場:オンライン開催(Zoom)
参加費:無料 ※お申し込み多数の場合先着順
主催:株式会社ソフマップ(ビックカメラグループ)/ 株式会社ブランコ・ジャパン

 

お申込みはこちら

※本セミナーのご参加は自治体職員様限定となっております。あらかじめご了承ください。

プログラム

13:40~14:00 参加者受付開始
14:00~14:05 主催者挨拶
14:05~14:20 最新のデータ消去ガイドラインとデータセキュリティ強化のご紹介
14:20~14:50 再生パソコンで実現する地域社会への貢献
14:50~15:00 主催者挨拶

※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。


講師・セミナーテーマ

最新のデータ消去ガイドラインとデータセキュリティ強化のご紹介

地方公共団体では、データ漏洩対策としてデータ消去を実施してからの廃棄等が求められており、情報の所有者・管理者として使用済みIT機器が自組織の外部へ出る前に、適切なデータ消去を実施することが必要とされています。

本講演では地方公共団体向けの最新のデータ消去ガイドラインや、ITAD、オンサイトデータ消去サービスについてご紹介いたします。

灰谷 和宏 氏​

株式会社ブランコ・ジャパン
ソリューションセールス事業部 マネージャー

灰谷 和宏 氏プロフィール

​NTT関連企業などでITソリューションを自治体・一般企業に提供し、2015年にブランコ・ジャパンに入社。官公庁・一般企業の営業を担当した後、現在はITAD(リユース・リサイクル事業者)・モバイル事業者を中心に約50社を担当。

 

再生パソコンで実現する地域社会への貢献

ビックカメラグループのソフマップが提供するITADサービスを通じて、総務省の地方自治体に向けたガイドラインに基づき安心で効率的な最新のデータ消去技術と設備をご紹介いたします。

また、完全にデータ消去されたパソコンのHDDを新品のHDDに入れ替え、安価で状態の良い中古パソコンとして教育支援や社会貢献に取り組む施設に提供させていただく仕組みを地方自治体と共に構築していくことを目指しています。

原田 聡 氏

株式会社ソフマップ(ビックカメラグループ)
リユース事業部ITADサービス マネージャー

原田 聡 氏 プロフィール

1994年入社。年間20万点以上、最大68工程の品質チェックの中古品再生作業を行う商品化センター長を経て、2021年3月よりITADマネージャーとして就任。

 

※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

 

お申込み

こちらのフォームからお申込みください。

※本セミナーのご参加は自治体職員様限定となっております。あらかじめご了承ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

お問い合わせ

ジチタイワークスセミナー事務局
担当:溝上・松井
TEL:092-716-1480
E-mail:works_seminar@zaigenkakuho.com

主催/株式会社ホープ 福岡県福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル7F

このページをシェアする
  1. TOP
  2. 【参加者募集!】最新のデータ消去 ガイドライン対応と再生パソコンで実現する地域社会への貢献